税理士に相談したいと思ったら

086-244-5221
文書作成日:2022/07/25


 今年5月末に、令和3年経済センサス活動調査の速報(※)が発表されました。ここではその結果から、産業別の売上高、いわゆる市場規模に関するデータをみていきます。

 上記調査結果から、2020年の産業分類別の売上高をまとめると、表1のとおりです。
 2020年の産業全体(合計)の売上高は1,702兆201億円でした。前回調査の2015年とは消費税率等が異なり単純に比較できませんが、4.8%の増加です。
 産業別では卸売業,小売業が481兆円で最も高く、次いで製造業が391兆円、医療,福祉が173兆円で続いています。建設業と金融業,保険業も100兆円を超えました。なお、産業別では2015年より減少している産業も見受けられます。
 全体に占める割合では、卸売業,小売業と製造業が20%を超えました。

 次に産業分類別の純付加価値額をまとめると、表2のとおりです。
 2020年の純付加価値額は337兆1,437億円でした。産業別では医療,福祉が71兆円で最も高く、製造業が65兆円で続いています。
 全体に占める割合では医療,福祉が21.1%、製造業が19.3%などとなりました。

 人口が減少傾向にあることから、市場が縮小する産業も増えることが予想されます。5年後の調査結果では、どのように変化しているでしょうか。

(※)総務省・経済産業省「令和3年経済センサス‐活動調査速報集計
 農林漁業の個人経営など一部の事業所を除く、国内すべての事業所・企業を対象にした調査です。ここでの売上高は、回答のあった企業等の数値を集計したもので、消費税込みの金額です。また純付加価値額は、次の計算式によります。
純付加価値額=売上高−(費用総額(売上原価+販売費及び一般管理費))+給与総額+租税公課

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。